交流イベント2012.11.19

11月4日(日)、福島県看護会館みらい(福島県郡山市)にて
交流イベント『こっちゃ来たらいいべぇ』を開催しました。

東京近郊を主な活動拠点としてきた当センターとしては、今回初めて、福島県内でのイベントの開催となりました。会場が一体となったストレッチ&ダンスをはじめ、避難者の方もボランティアスタッフも一緒になって、交流を楽しみました。

準備や運営にあたり、後援いただきました福島県看護協会、双相地区自治体をはじめ、社会福祉協議会、その他、多くの団体、企業、ボランティアの皆様にご協力いただきましたことを、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

タイトル
第16回 こっちゃ来たらいいべぇ
支援対象
東日本大震災および原発事故による、郡山市および郡山市近郊の避難者
目的
避難者同士の仲間づくり、コミュニケーションの支援
開催日時
2012年11月4日(日)13:00~16:00
開催会場
福島県看護会館みらい(福島県郡山市本町1-20-24)
主催
医療ネットワーク支援センター
後援
社団法人 福島県看護協会
実施内容
  • 交流カフェ
  • 健康相談「まちの保健室」
  • 口腔ケア・お口の健康体操
  • ストレッチ&ダンス
  • 絵画造形教室
  • ミニ・フラワーアレンジメント
  • ハンドケア
  • 段ボールクラフト
  • 玩具で遊ぼう(ゲーム)
  • 参加者プレゼント(冬物衣料、生活用品)
≪参加メンバー・ボランティアスタッフ≫
※総勢68名のボランティアスタッフが参加しました。

≪ボランティア講習会≫

交流イベントの開始前に、ボランティアスタッフの皆さんを対象にしたボランティア講習会を開催しました。
ボランティア講習会では、避難者の現状と課題、活動の際に心がけたいことなどを共有する講座の後、お口の健康体操、ハンドケア、ストレッチ&ダンスについて演習を行い、イベントの開始に備えました。

≪交流カフェ≫

ご家族ご友人、ボランティアスタッフと自由に歓談いただくためのカフェコーナー。企業からご協力いただいたお茶やジュース、お菓子を召し上がっていただきました。三味線のお師匠さんの演奏も。
(物資協力:株式会社伊藤園株式会社柏屋カルビー株式会社ゴディバ ジャパン株式会社

≪健康相談「まちの保健室」≫

血圧や体脂肪の測定および健康に関する相談コーナーを設けました。
(活動協力:社団法人福島県看護協会

≪口腔ケア・お口の健康体操≫

口腔内のチェックやアドバイス、健康づくりに役立つ「お口の健康体操」をお伝えしました。
(活動協力: 一般財団法人日本口腔保健協会

≪ストレッチ&ダンス≫

カントリーミュージックに乗って踊る”ポピュラサイズ”ダンスで、身体もほぐれ、会場は温かい一体感で包まれました。
(活動協力:運動指導士 村上晴香氏(独立行政法人国立健康・栄養研究所)、
ポピュラサイズ”インストラクター 鷹山太郎氏ほか有志の皆様)

≪絵画造形教室≫

オイルパステルで思うままに個性的な作品を描いていただきました。
(活動協力:NPO法人日本臨床美術協会

≪ミニ・フラワーアレンジメント≫

お好きなバラやミントを選んでいただき、オリジナルのアレンジを楽しんでいただきました。
(物資協力:一般社団法人花の応援団八大株式会社

≪ハンドケア≫

お好みの香りとマッサージでくつろいでいただきました。
(物資協力:株式会社ラッシュジャパン

≪段ボールクラフト≫

段ボールで、あの有名なロボット「アシモ」を制作しました。
(活動協力:本田技研工業株式会社

ページのトップへ

交流イベント2012.11.2

10月21日(日)、国立科学博物館(東京都台東区)にて
交流イベント『こっちゃ来たらいいべぇ』を開催しました。

今回は、国立科学博物館の講堂、大会議室をお借りしての開催となりました。東京の交通機関に不慣れな方にもご参加いただくため、送迎バスをご用意いたしました。イベントだけでなく、国立科学博物館の協力により、常設展も自由に見学でき、参加者の皆さんは思い思いにイベントを楽しんでいました。

≪参加メンバー・ボランティアスタッフ≫
※総勢74名のボランティアスタッフが参加しました。

ボランティア講習会

交流イベントの開始前に、ボランティアスタッフの皆さんを対象に、ボランティア講習会を開催いたしました。
ボランティア講習会は、講座と演習の二部構成で行います。講座では、ボランティア活動前に必要な知識として、県外避難者の現状と課題についてお話するとともに、活動の際に心がけておきたいことについて共有しました。講座の後に行われた、各コーナーごとの演習では、講師から、各コンテンツについての基礎知識を学び、イベントの開始に備えました。


第15回 こっちゃ来たらいいべぇ 「とみおかふれあいイベント」

6月に行われた富岡町立富岡第二中学校の2010年度卒業生同窓会に続き、 「とみおか子ども未来ネットワーク」と協力し、富岡第一中学校の2010年度卒業生同窓会を行いました。

支援対象
東日本大震災および原発事故による、富岡町からの県外避難者
目的
県外避難者同士の交流支援
開催日時
2012年10月21日(日)12:00~15:00
開催会場
国立科学博物館 日本館4F 大会議室
主催
医療ネットワーク支援センター
特別協力
とみおか子ども未来ネットワーク
≪同窓会≫

第14回 こっちゃ来たらいいべぇ by ブリヂストン

6月24日の活動に続き、TAIYA CAFEが再登場し、会場の雰囲気を盛り上げました。また平野レミさん(料理愛好家)のご協力により昼食をご用意し、トークショーも行いました。6月よりさらにパワーアップした平野さんの明るく元気なトークに、皆さん熱心に聴き入っていました。

支援対象
東日本大震災および原発事故による、東京近郊への県外避難者
目的
県外避難者同士の交流支援
開催日時
2012年10月21日(日)12:00~15:00
開催会場
国立科学博物館 日本館2F 講堂
主催
医療ネットワーク支援センター
特別協賛
株式会社ブリヂストン

≪昼食≫

平野レミさん(料理愛好家)のレシピによるサンドイッチとサラダを召し上がっていただきました。

≪平野レミさんトークショー≫

石川牧子さん(日テレ学院学院長)の進行による平野レミさんのトークショー。元気いっぱいのトークに、会場は大いに盛り上がっていました。

≪TAIYA CAFE≫

TAIYA CAFEのセットが登場、コーヒーがふるまわれました。 テレビCMでおなじみのセットに、子どもたちは終始大はしゃぎでした。


ふれあい広場

医療専門スタッフによる健康相談やプロによる生演奏のほか、様々なアクティビティをご用意し、ボランティアスタッフと避難者の皆さんと一緒に、くつろいだ、楽しい時間を過ごしていただきました。

≪カフェ≫

同郷の方やご家族ご友人と自由に歓談いただくためのスペースをご用意し、くつろいでいただくために、お茶やジュース、お菓子をお出ししました。

≪ヘルスケア相談≫

医師、薬剤師、鍼灸師による、健康に関する相談を総合的に受けるコーナーを設けました。

≪口腔ケア・小顔マッサージ≫

歯科衛生士による口腔内のチェックやアドバイスを行うとともに、健康づくりにも役立つ「小顔マッサージ」をお伝えしました。一般ボランティアスタッフからも、歯の健康を保つために大切なことや、小顔マッサージの方法をお伝えしました。

≪ハンドケア≫

素敵な香りのエッセンシャルオイルを使用したハンドケアでくつろいでいただきました。参加者の皆さんとボランティアスタッフの距離が自然に縮まり、会話も弾みました。

≪ネイルケア≫

爪を健康できれいに保つための各種ケアを行い、ご自分でもできる、日常のケア方法もお伝えしました。

≪ゲーム≫

ボードゲームやカードゲームなどを用意し、子どもたちと一緒に、ボランティアスタッフも楽しい時間を過ごしました。

≪音楽≫

三味線、クラシックギター、パーカッションの奏者の方に協力いただき、ミニコンサートを行い、三味線とパーカッションのコラボレーションなど、普段はあまり聴くことのできない演奏も楽しんでいただきました。

ページのトップへ