交流イベント2011.5.31

東日本大震災復興支援healthaidプロジェクト

第一回『心と体の健康お楽しみイベント』

5月28日(土)、福島県双葉町の皆様が避難されている旧騎西高校(埼玉県加須市)でイベントを実施しました。
今回のイベントのテーマは「心と体の健康」。避難されている方々の心労に配慮しつつコミュニケーションをとり、 単純な運動やアクティビティーにより、心身のバランスを整え、 いつもどおりの行動、正常な生活リズムを取り戻すことにつながり、「心と体の健康支援」をさせていただければと考えています。 「皆様に受け入れていただけるかな…」と、ちょっと心配もしていましたが、笑顔で接していただいたり、気さくにお話してくださる様子に、一同大感謝!! 大変ありがとうございました。


※双葉町井戸川克隆町長にも参加いただきました。

避難者の声として・・・

  • 今後のこと(帰宅など)を考えても、
    原発地区なので国の判断を待つしかない。

  • 避難所にお医者さんが来られても、
    つい緊張してしまい症状をうまく伝えられないことも。

  • ボランティアの皆さんとお茶を飲みながら普通の話をしたい。

  • 1日中何もすることがないのはつらい。
    何でもいいから社会の役に立つことをしたい。

  • 全般的に、若い人たちのほうが元気がないのが心配。

  • 相部屋(1部屋20名?100名)だが、
    集団生活になじめない人もおり、ちょっとしたトラブルも。





《 参加メンバー・ボランティアスタッフ 》

心と身体の健康お楽しみイベント

※総勢75名のボランティアスタッフが参加しました。



《 ヘルスチェックコーナー 》



※計測体験では、多くの方々の健康チェック(血圧・体温・体組成)と健康相談を実施しました。
(協力:(社)埼玉県看護協会)



※参加者の口腔チェックとこどもの正しい歯の磨き方をアドバイスしました。
(協力:(財)日本口腔保健協会)



《 歌コーナー 》



※フォークソング“MIX”の演奏で、誰もが知っている懐かしの曲を一緒に歌いました。



※ボーカル“内田智子さん”による暖かい歌声で、心が和らぎました。



《 遊び・学びコーナー 》


※参加型の絵本パフォーマンスで、こどもたちと一緒に楽しい童話の世界を再現しました。
(協力:(NPO)エデュケーショナルフューチャーセンター)

※心を癒す造形教室を開き、こどもから大人までたくさんの参加をいただきました。
(協力:(NPO)日本臨床美術協会)



※大人もこどもも楽しめるゲームを用意し、参加者全員が楽しい一時を過ごしました。
(協力:(社)日本玩具協会・(株)セガトイズ)

※粘土と段ボールを使った工作教室でこどもたちが自由に遊びました。
(協力:(NPO)エデュケーショナルフューチャーセンター)



活動報告は全活動終了後に公表する予定です。

協力企業・団体一覧


ページのトップへ

広報2011.5.27

『心と身体の健康お楽しみイベント』

埼玉県加須市旧騎西高校 騎西高校チラシ
概要

首都圏に避難されている方々が、慣れない地域で少しでも安心できるよう、 ふれあいイベントを通して生活情報の提供、受入地域住民との交流、コミュニケーションを図る。


日時

2011年5月28日(土)


場所

埼玉県加須市旧騎西高校


対象

首都圏への避難者、自治体やボランティア等の支援者


内容

ふれあいイベント避難者支援キャラバン企画



《 健康 》

  • 健康チェック―(血圧・体温・体組成)

  • お口の状態チェック(口腔チェック)

  • 健康管理手帳(ヘルスパスポート)


《 音楽 》

  • 懐かしの和製フォークソングフォークソング:演奏“MIX”

  • 皆が知ってる洋楽:ボーカル“内田智子”


《 運動 》

  • フットサル

  • ポートボール


《 ゲーム 》

  • みんなで遊ぼう、絵本の世界!~親子参加型、絵本パフォーマンス~by.ねこ女優mic

  • 子どもから大人までの造形教室

  • 工作教室

  • カードゲーム/UNO、パンデミックフル、虫歯予防カルテット

  • ボードゲーム/将棋、野球盤、ひつじインフェクション、トラベルトラブル

  • UNOスタッコ

  • その他


主催

厚生労働省認定 個人情報保護団体 内閣府認証 特定非営利活動法人 医療ネットワーク支援センター



イベント詳細チラシ(PDFファイル678KB)


ページのトップへ

支援者向け2011.5.20

東日本大震災避難者支援プロジェクト 「healthaid」 ブリフィングミーティング開催


東日本大震災避難者支援プロジェクト 「healthaid」 ブリフィングミーティング1 東日本大震災避難者支援プロジェクト 「healthaid」 ブリフィングミーティング2
東日本大震災避難者支援プロジェクト 「healthaid」 ブリフィングミーティング3 東日本大震災避難者支援プロジェクト 「healthaid」 ブリフィングミーティング4
概要

このたびの東日本大震災では多くの方々が被災され、県外に避難をされている方々にとって、今後長く続くと予想される避難生活では、多くの方が生活への不安、気持ちの不安を抱えながら過ごしておられます。特に首都圏に避難されている方々の中には、慣れない土地や知人のいない環境に、孤立感を深めてしまう方もおられます。
このような不安や心の健康支援として、人間のつながりを感じることは「生きる力」「頑張る力」につながるものでしょう。
このたびの震災のような衝撃的な出来事のショックを受けると、自律神経系の障害が生じ、通常の肉体や精神機能が損なわれます。地震の波形のように心の波形も乱れ、通常の私たちが持つ生活リズムが崩れてしまいます。
本活動は、被災された方々の心労に配慮し、コミュニケーションをとりながら、簡単なゲームや遊びを装った単純な運動やアクティビティーをすることでバランスを整え、いつもどおりの行動、 正常な生活リズムを取り戻すための支援を目的とします。


日時

2011年5月20日(金) 18:00~20:00


場所

京都大学 東京オフィス 会議室 1番


対象

企業、団体、医療従事者、学生ボランティア等


内容
  • 1. あいさつ

  • 2. 参加者の自己紹介

  • 3. 当日のスケジュールとイベントの流れ

  • 4. 旧騎西高校避難所の基本情報共有

  • 5. 被災者と接する際の留意点について

  • 6. 質疑応答



ページのトップへ