広報2013.2.20

3月9日(土)、東京都新宿区にて
第10回(2012年度第5回)県外避難者支援フォーラム』を行います。

交流イベント「第21回こっちゃ来たらいいべぇ」

日時
2013年3月9日(土)14:00~16:30
場所
新宿NSビル30階 NSスカイカンファレンス ホールA
(〒160-0813 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル)
対象
支援団体、自治体、企業、ボランティア、避難されている方々、等
テーマ
避難者、支援団体に聞く現状と課題~必要とされる支援を考える~
プログラム
(1)支援活動報告(医療ネットワーク支援センター事務局)
(2)ディスカッション
  • 現状と課題
  • 個人情報の壁
    [パネリスト] 市村高志氏(とみおか子ども未来ネットワーク代表)
    村上岳志氏(特定非営利活動法人 新潟NPO協会)
    中山健夫氏(京都大学大学院医学研究科健康情報学分野 教授)
    人見祐(医療ネットワーク支援センター理事長)
    [司会] 石川牧子氏(日テレ学院学院長、元日本テレビアナウンサー)
参加費
無料
定員
100名
お申込
電話、FAX、またはメールでお申込み下さい
※電話 03-6438-2852(平日10:00~19:00/担当:高杉・山岸)
※FAXでお申込み頂く際は、申込書をダウンロードしてお使い下さい
主催
医療ネットワーク支援センター

イベント詳細チラシ[PDF]

ページのトップへ

広報2013.2.15

3月17日(日)、JICA地球ひろば(東京都新宿区)にて
交流イベント「第21回こっちゃ来たらいいべぇ」を開催いたします。

交流イベント「第21回こっちゃ来たらいいべぇ」

大人からお子様までご参加いただける健康リズム体操ポピュラサイズのほか、BS日テレでおなじみのコーラスグループ「フォレスタ」女性メンバーによるミニコンサート、ネイルケアやハンドケア、交流カフェコーナー、ゲームコーナーをご用意してお待ちしております。皆様お誘い合わせの上、お気軽にお越しください。

また、医療ネットワーク支援センターでは、地域サークル活動の支援を開始しました。サークルでのレッスン成果を披露して、交流イベントでちょっといい格好しちゃいましょう!新宿、中野でポピュラサイズのレッスンを始めました。秋葉原では、Kai Houseで親子クッキング教室を開催します。ぜひお気軽にお問合せください!

※昼食(先着100名様)、送迎バス(先着90名様)をご用意しておりますので、事前にお申込みください。(お申込みについては、下記をご覧ください)

概要
東京近郊に県外避難されている方々のコミュニケーション支援
日時
2013年3月17日(日)12:00開場~16:00
場所
JICA地球ひろば 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
内容
  • ポピュラサイズダンスコーナー
  • 「フォレスタ」女性メンバーによるミニコンサート
    (BS日テレ/BS日本・こころの歌の人気コーラスグループ)
  • 交流カフェコーナー
  • ビューティーコーナー(ハンドケア、ネイルケア)
  • ゲームコーナー(サッカーゲーム、野球ゲーム、将棋など)
  • その他
    ※J’s cafeでの昼食(先着100名様、要事前申込み)
    ※送迎バス(都内2ルート、各ルート先着45名様、要事前申込み)
参加費
無料
事前申込
(※お申込みについては、下記をご覧ください)
主催
医療ネットワーク支援センター

※詳細は開催案内フライヤー[PDF] をご覧ください。

■お問合せ・お申込み先

医療ネットワーク支援センター(担当:高杉・山岸)
TEL 03-6438-2852(平日10:00~19:00)

※参加無料、お申込はお電話にて(先着100名様、2/18(月)10:00~申込受付開始)

  • 昼食:先着100名様
  • 送迎バス(都内2ルート):各先着45名様、合計90名様
    ※送迎バスのルートについては、ちらし裏面をご参照ください。
    ※送迎バスは、往復でのお申込となります。

■会場までのアクセス

  • JR中央線・総武線
    「市ヶ谷駅」 徒歩10分
  • 東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線
    「市ヶ谷駅」 A1番/4番出口 徒歩10分
  • 東京メトロ有楽町線・南北線
    「市ヶ谷駅」 6番出口 徒歩8分

ページのトップへ

交流イベント2013.2.15

1月20日(日)、東北電力ビッグスワンスタジアム(新潟県新潟市)にて
交流イベント『こっちゃ来たらいいべぇ』を開催しました。

今回の活動は、新潟県新潟市で行いました。新潟県では、山形県、東京都に次いで多くの県外避難者(1月17日現在、6,006名/復興庁発表データ)を受け入れています。特に新潟市には4割強が集中し、そのうち約4割が母子のみによる自主避難者です。

避難生活のストレスが子供の成育過程に及ぼす悪影響も心配されることから、今回の交流イベントでは、若いお母さんとお子さんを中心とした家族の元気づくりを応援するために、子育てに関する健康セミナーや、親子ファッションショーを企画いたしました。

準備や運営にあたり、後援いただいた新潟県をはじめ、多くの団体、企業、ボランティアの皆様にご協力いただきましたことを、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

概要

タイトル
第19回 こっちゃ来たらいいべぇ in 新潟
支援対象
主に東日本大震災および原発事故による新潟市内への避難者
目的
避難者同士の仲間づくり、コミュニケーションの支援
開催日時
開催日時 2013年1月20日(日)11:00開場~15:00
開催会場
東北電力ビッグスワンスタジアム(新潟県新潟市中央区清五郎67-12)
主催
医療ネットワーク支援センター
後援
新潟県
実施内容
  • 子供の健康を守るためのセミナー「イヤイヤ期の子育て」
    講師:谷口清州氏(医学博士/小児科専門医、三重大学医学部小児科/国立感染症研究所客員研究員)

    <2012年度ドコモ市民活動団体への助成事業>

  • 親子ファッションショー
  • 健康コーナー
    (健康相談/口腔ケア・相談/ヘルスパスポート紹介)
  • コミュニケーションコーナー
    (交流カフェ/ゲーム)
  • 美容体験コーナー
    (ハンドケア/ワンポイントアドバイス<ヘアスタイリング・メイクアップ>)
  • その他
    (健康リズム体操ポピュラサイズ/新春福袋プレゼント)

    <独立行政法人福祉医療機構平成24年度社会福祉振興助成事業>

≪参加メンバー・ボランティアスタッフ≫
※総勢90名のボランティアスタッフが参加しました。

≪ボランティア講習会≫

今回、当センターのこれまでの活動では最多の90名ものボランティアの皆さんにご参加いただきました。特に、新潟大学、新潟医療福祉大学、新潟県立大学、新潟青陵大学から38名の学生ボランティアの協力を得て、活気あるイベントとなりました。
交流イベントの開催前に、ボランティアスタッフの皆さんを対象に、ボランティア講習会を開催しました。
講習会は、講座と演習の二部構成で行っています。講座では、ボランティア活動前に必要な知識として、避難の現状と課題についてお話するとともに、ボランティア活動の際に心がけておきたいことについて共有しました。講座の後には、お口の健康体操やハンドケア、健康リズム体操ポピュラサイズの演習を行い、イベントの開始に備えました。
(協力:一般財団法人日本口腔保健協会、ダンスインストラクター 鷹山太郎氏、ほか)

≪開催挨拶/来賓ご挨拶≫
≪子供の健康を守るためのセミナー「イヤイヤ期の子育て」≫

小児科医の谷口清州先生(三重大学医学部小児科、国立感染症研究所客員研究員)より、2~3歳頃に見られる第一次反抗期(イヤイヤ期)をテーマに、子供の健全な発達のために周囲の大人が知っておきたいことなど、子育てに大切なことについて、お話いただきました。

≪ヘルスパスポート紹介≫

医療ネットワーク支援センターでは、東日本大震災の発災直後、避難先でカルテがなく、服用中の薬ばかりか、診断名すら分からず、医師による再診察が必要な状況が多々発生したことから、ご自分やご家族の健康情報を管理するためのツール、ヘルスパスポートを開発し、交流イベントやセミナーの場で紹介しています。
ヘルスパスポートを活用して、医師に症状を伝える際にまとめておくとよいこと、また、日々の健康づくりのために健康管理意識を高めていただくことが期待できます。インターネットに接続する環境さえ整っていれば、PCや携帯からいつでもどこでも健康情報を閲覧・編集できる電子版に加え、財布に入れて持ち運びできるサイズの紙版も作成し、参加者の皆さんにお配りしました。

≪健康相談≫

看護師による血圧測定と、健康・医療に関する総合的な相談コーナーを設けました。
(協力:公益社団法人 新潟県看護協会

≪口腔ケア相談≫

歯科衛生士による口腔内のチェックやばい菌数の測定を行い、アドバイスや日頃のセルフケアに役立つ「お口の健康体操」もお伝えしました。 (協力:一般財団法人 日本口腔保健協会

≪ファッションショー≫

15組の親子が参加して、ファッションショーを行いました。プロのスタイリストによるメイクアップとヘアスタイリングを行い、皆さん少し照れながらも、明るく華やかな笑顔で舞台に登場されていました。ファッションショーに出演する孫の姿を楽しみに、おじいさんおばあさんも会場を訪れておられました。
(協力:NPO法人 新潟NPO協会子育て応援施設「ドリームハウス」NPO法人ヒューマン・エイド22新潟県美容業生活衛生同業組合株式会社F・O・インターナショナルガシー・レンカー・ジャパン株式会社株式会社ジェニィ株式会社ベルーナ

≪交流カフェ≫

ご家族ご友人、ボランティアスタッフと自由に交流し、歓談いただくためのカフェコーナーをご用意しました。お茶やジュース、お菓子を召し上がりながら、くつろいでいただきました。また、お昼時にはお弁当もお配りし、ご家族や友人たちと楽しそうに会話する姿が見られました。
(協力:井筒まい泉株式会社株式会社伊藤園カルビー株式会社株式会社ブルボン

≪ゲーム≫

野球盤など子供も大人も参加できるゲームで、子供たちとボランティアが一緒になって楽しく遊びました。
(協力:社団法人 日本玩具協会

≪ハンドケア≫

お好みの香りのオイルを選んでいただいて、手や腕をもみほぐします。リラックスでき、ボランティアスタッフとの会話もはずみました。

≪ワンポイントアドバイス(ヘアスタイリング・メイクアップ)≫

プロのスタイリストによるヘアスタイリングとメイクアップで、大人から子供まで、皆さんそれぞれの個性を活かした、魅力的な姿に変身しました。
(協力:新潟県美容業生活衛生同業組合

≪健康リズム体操ポピュラサイズ≫

ポピュラーソングやカントリーウエスタンのリズムにあわせてステップするエクササイズダンス“ポピュラサイズ”で、参加者もボランティアも一体となって楽しくエクササイズを行いました。
(協力:ダンスインストラクター 鷹山太郎氏)

≪新春福袋プレゼント≫

企業からご提供いただいた生活用品やおもちゃを参加者にプレゼントしました。
(協力:社団法人日本玩具協会株式会社エテュセ花王株式会社株式会社セガトイズ株式会社ライトオン

ページのトップへ